ネムとは

NEMってどんな仮想通貨?

ネムロゴ

NEM(ネム)とは2015年にリリースされた仮想通貨で、取引単位はXEM(ゼム)です。

もともとNew Economy Movement(新しい経済運動)という言葉の頭文字をとっており、「金銭的自由・分散化・平等」をコンセプトに掲げています。

ネムは現代の資本主義による「富の偏り」をなくし、「富の再分配」を行うことによって誰もが経済的に平等となる新しい経済圏を実現することを目指しています。

 

NEM概要

名称 NEM(ネム)
取引単位 XEM(ゼム)
総発行量 8,999,999,999枚
アルゴリズム PoI(Proof of Importance)
リリース日 2015年3月31日
開発者 Utopianfuture

 

ネムの特徴

ハーベスティングによる報酬分配

ビットコインなどの仮想通貨では参加者がマイニング(採掘)を行うことによって報酬が支払われますが、ネムではハーベスティング(収穫)によって報酬の分配がされます。

マイニングは高性能なコンピュータを用意して膨大な計算を行うことによって初めて報酬を得ることができます。

対してハーベスティングは特に計算をする必要もなく、ウォレットに一定量のネムを入れておくだけで勝手に報酬が分配されます。

そのため敷居が非常に低く、誰でも手軽に始めることができます。

報酬の分配は一定期間ごとにランダムで行われ、ネムの保有量や後述のPoIスコアが高いユーザーほど報酬を手に入れやすくなっています。

 

PoI(Proof of Importance)を採用している

ネムはコンセンサスアルゴリズムにPoI(Proof of Importance)を採用しています。

PoIは「重要度の証明」という意味で、ネムではこの仕組みによって一部のユーザーに富が偏らないような設計となっています。

 

ネムを保有するユーザーそれぞれに対してはPoIスコアという「重要度」が付けられています。

そしてこのPoIスコアが高ければ高いほどハーベスティングによる報酬を得やすくなっています。

PoIスコアを上げるためには「ネムのネットワークにどれだけ貢献しているか」が考慮されます。

つまり、ネムを送金した回数や金額が大きいほどPoIスコアが上がっていきます。

 

他の仮想通貨のアルゴリズム、PoWやPoSは「既に富を持っている人」に対して報酬が与えられやすい仕組みになっていますがこれでは貧富の差は拡大する一方です。

しかしネムは「ネムネットワークに貢献した人」は平等に報酬を得ることができるため、富の再分配が実現できる通貨となっています。

 

送金が早く低コスト

ネムは他の仮想通貨と比較して送金が非常に早く、しかも低い手数料で行うことが可能です。

ネムはブロック生成の間隔が1分と短いため送金スピードも仮想通貨と比較するとずば抜けて早いのが特徴です。

 

ビットコインは主要な仮想通貨ですがブロック生成の間隔が約10分と遅く、混雑すると送金づまりを起こしてしまうことが大きな問題となっています。

対してネムはブロックチェーンが混雑していなければものの数秒で送金が終了します。

送金手数料も1万XEMあたり0.05XEMと低コストなので、非常に利便性の高い通貨であることがわかります。

 

誰でも独自トークンが発行可能

ネムのブロックチェーン上では誰でも簡単に独自のトークン(仮想通貨)を作ることが可能です。

独自のトークンを作ることのできるプラットフォームには他にイーサリアムなどがありますが、ネムはプログラミングスキルがなくてもより簡単にトークンを作ることができます。

ネムのウォレットでネームスペース(通貨名)、モザイク(通貨単位)、供給量などを決めて、発行手数料を支払うだけでトークンの作成ができてしまいます。

ネムの簡単にトークンを発行できる機能は手軽にICOをしたい企業には使い勝手が良いため、今後ネムブロックチェーンを使用した仮想通貨が数多く出てくる可能性があります。

 

mijinとは

mijinロゴ

mijinとはテックビューロ社が開発した国内唯一のプライベートブロックチェーンで、ネムの技術を元に開発されています。

mijinを使うことによって「会社内のシステムにブロックチェーンを導入」することが可能です。

テックビューロ社は日本の仮想通貨取引所「Zaif」を運営していることで有名ですね。

プライベートブロックチェーンとは?

ビットコインやネムをはじめとする一般的な仮想通貨は公開され、世界中誰でも参加することができます。

このようなインターネット上に公開されたブロックチェーンをパブリックブロックチェーンと言います。

それに対して、プライベートブロックチェーンは一部のノードやコミュニティのみに公開されているブロックチェーンです。

そのため、社内システムのような閉ざされたネットワーク内でブロックチェーン技術を採用する際に使われます。

 

パブリックブロックチェーンは信頼されていないノード同士で合意形成をする必要があるので、ブロックの承認までの時間が長く送金にも時間がかかりがちです。

しかしプライベートブロックチェーンは「信頼されたコミュニティ」というのを前提として合意形成をするため送金が早くなる傾向にあります。

 

mijinの特徴

mijinは様々な分野や業種に応用することのできる、非常に汎用性の高いプライベートブロックチェーンです。

mijinには多くの機能がありますが、代表的なものをご紹介します。

マルチシグネチャ

複数人の電子署名によってトランザクションの実行をすることができる機能で、ネムにも実装されています。

例えばシステムの承認などをする際に、マルチシグネチャを適用すると決められた人数以上の署名がなければ承認ができなくなります。

「3人以上が署名をした際のみ取引を実行」といった条件を課すことができ、悪意のある個人による不正行為を防止します。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは「契約の自動執行」という意味です。

ブロックチェーン上に契約の流れや条件をあらかじめプログラムしておくことによって、条件を満たした際に自動的に契約を実行します。

人の手を介することなく完全自動で様々な契約(プログラム)を実行することができるため幅広い分野に応用することができます。

マルチアセット

mijinは複数のアセット(資産、情報)を一元化して管理することができます。

既に不動産業界でmijinの実証実験をしている企業がありますが、そこでは広告履歴や住宅評価、空き家情報などの属性の異なる情報が全てmijinのブロックチェーン上で一元管理されています。

特定の目的に特化している主要な仮想通貨のブロックチェーンと異なり、様々な情報を管理することができるので非常に汎用性が高いブロックチェーンであると言えます。

 

カタパルトとは?

カタパルト

カタパルトとはネムの機能の大型アップデートのことです。

2018年以降ネムに実装予定とされ、カタパルトが実現すればネムの送金スピードが飛躍的に向上するとされています。

 

カタパルトで送金はどれくらい早くなる?

カタパルトが実装されるとネムの取引の処理速度は3000~4000件 /秒となります。

世界一の処理速度を誇るクレジットカードVASAは4000~6000件 /秒なので、世界一の処理速度とほぼ変わらないほどの速さとなります。

ビットコインの処理速度が3件 /秒と言われるためその差は歴然です。

 

ビットコインはその処理速度の遅さから現時点では実用性に難がありますが、カタパルトが実装されたネムの処理速度であれば十分実用に耐えるものとなります。

カタパルトが実装されればネムが仮想通貨の処理速度の中で頭ひとつ抜けることは間違いなく、将来的には一般的な決済にネムが使われる日がくるかもしれません。

 

mijinにカタパルトが搭載

ネムへの実装に先駆けてネムの技術を使用したプライベートブロックチェーンmijinに2018年5月、カタパルトが実装されました。

カタパルトが実装されたmijinはmijin v.2と呼ばれ、処理速度が飛躍的に上昇しました。

同時にマルチレベルマルチシグや集約トランザクションといった機能も追加され、さらに汎用性が高まりました。

2018年8月現在までのところmijinのカタパルト実装後の影響は特に発表されていないため、このまま問題がなければネムにも近い将来実装されることになりそうです。

 

ネムを取り扱っている取引所は?

国内取引所

  • Zaif
  • DMM.bitcoin

海外取引所

  • Binance
  • Huobi.pro
  • Poloniex
  • Bittrex
  • HitBTC
  • OKEx
  • UpBit

 

以前まではコインチェック取引所がネムの取引高トップとなっていました。

しかし2018年1月に起きたコインチェック取引所のネム盗難事件により、コインチェックは2018年8月現在も取引を停止しています。

 

ネムの将来性は?

2017年12月にはネムは1XEM=200円を超える高値を付けました。

しかし2018年に入ってからネムの価格は低調で、2018年8月現在20円未満を推移しています。

 

コインチェックのネム流出事件をきっかけにネムの価格は暴落しています。

しかし事件はコインチェックの管理体制に問題があり、ネム自体のセキュリティには全く問題ありませんでした。

ネム自体が「なんだか危なさそう」というイメージを持たれてしまったため、価格が下落したものと思われます。

ネム自体は以前同様将来性のある通貨なので現在は「過小評価」されている可能性があり、割安であると考えられます。

 

ネム自体にはカタパルトが控えていたり、mijinの採用を検討する企業が増えていたりと水面下で良い兆候が出ています。

また、ネムにカタパルトが実装されれば価格は暴騰することが予想されます。

送金スピードの速さもあり実用的な通貨なので今後一般的に普及する可能性は十分に考えられ、将来性のある通貨と言えます。

 

まとめ

本記事ではネムとはどんな特徴を持った仮想通貨なのか、そしてmijinやカタパルトとの関係性についてまとめました。

ネムは「富の再分配」を目的として掲げた仮想通貨で、送金スピードが早いことが特徴です。

カタパルトというアップデートが実装されればクレジットカードに匹敵する処理速度が実現するとして期待されています。

またmijinはネムをベースとしたプライベートブロックチェーンで、様々な企業への導入が期待されています。

ネムは今後も大注目の仮想通貨であることは間違いないので興味がある方は購入してみてはいかがでしょうか。

Leave a comment

メルマガ登録

仮想通貨の最新情報はこちらから