仮想通貨について調べている中でよく耳にする「マイニング」という言葉、どんなものか理解できていますか?
「仮想通貨の売買をしているけど、マイニングとかそういう詳しい仕組みは実はよく分かっていないんだよな……。気になる……。」という方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、仮想通貨やブロックチェーンを支える重要な仕組みである「マイニング」について、その概要やマイニングへの参加方法などについて簡単に解説します。

マイニングとは?

マイニングの概要を理解するために、本記事では数多くの仮想通貨の仕組みの元となっている「ビットコイン」に焦点を当ててマイニングについて説明します。

さまざまな種類がある仮想通貨ですが、その多くはビットコインの「ブロックチェーン」や「マイニング」といった仕組み・考え方がベースとなっています。

一方で、それぞれの仮想通貨でより良い仕組みはないかと模索が続けられており、本記事で解説する方法とは異なる方法でマイニングやブロックチェーンの維持を行い、仮想通貨のやり取りを支えたりしているものもあります。また、マイニングではなく別の仕組みを採用している仮想通貨もあります。

ただ、仮想通貨の先駆者であるビットコインの仕組みの欠点を克服しようとして編み出された仕組みも多いため、基本的な仕組みを知っておけば他の応用的な仕組みも理解しやすいと考えられます。
そこで、「まずは基本的な仕組みを知る」というスタンスで以下のマイニングの解説についてお読みいただければ幸いです

仮想通貨を支える「ブロックチェーン」

ビットコインでは、複数の取引記録をひとまとめにした「ブロック」がひとつなぎになった「ブロックチェーン」と呼ばれる台帳によって、ビットコインのやり取りが記録されています。
このブロックチェーン上に「誰が、どれだけのビットコインを受け取り、送金したのか」が記録されることで、私たちはビットコインを「持っている」と見なされるのです。
そして、ブロックチェーンの管理を1手に引き受ける者が存在しないことがビットコインやブロックチェーンの革新的な部分です。

では、ブロックチェーンを中央集権的に管理する者がいないにも関わらず、どのようにビットコインのやり取りが記録されていくのでしょうか。

「仮想通貨のやり取り履歴の記録」を行い、その対価として報酬を得るのが「マイニング」という仕組みです。

「マイニング」とは、計算を行い、取引記録を承認し、報酬を得る仕組み

ビットコインには「プルーフオブワーク(Proof of Work)」という仕組みがあります。

これは、指定された値より小さくなるような値を探す計算を行い、その値(「ナンス」と言います)を見つけた者がブロックを承認してブロックチェーンに繋げることができる、という仕組みです。
この計算はうまくやれば一瞬で答えが見つかる、という種類の問題ではありません。一つ一つのナンス候補を式に当てはめながら計算を繰り返す、という総当たりでの計算が必要です。
このような仕組みによって、コンピュータの計算能力を加味して難易度を調整することで、ナンスを見つけ出し、ブロックを承認するためにかかる時間をある程度一定に保つことができます。

この計算・承認作業がマイニングです。そして、マイニングを行う人たち(「マイナー」と呼ばれます)のコンピュータ同士でネットワークを形成しており、そのネットワークに繋がるそれぞれのコンピュータ上でブロックチェーンは維持・更新されていくのです。
その仕組み上、マイニングに参加する者が多いほど、また、コンピュータの計算リソースがさまざまな人にばらけているほど、ブロックチェーンの改ざんや二重取引等の不正が難しくなり、仮想通貨の安全性が向上します。

このようにマイニングは仮想通貨の安全な運営上重要な計算作業ですが、一方でマイニングは電力とコンピュータリソースを使用しますので、無償でやりたがる人はあまりいないと考えられます。
そこで、一番速くナンスを見つけてブロックを承認した者には、報酬として仮想通貨が与えられるような仕組みになっています。
「(膨大な計算という)作業を行い、他人より速く答えを見つけ出し、報酬を得る」というのはまるで鉱山における金の採掘のようですよね。マイニング(採掘)と呼ばれるのはそのためです。

ただ、コンピュータは凄まじい早さで機能を向上させているため、放っておいたらナンスを見つけるのがどんどん速くなり、報酬の支払いやブロックチェーンへのブロック追加が当初の予定よりも頻繁に行われるようになってしまいます。
そこで、ブロックの承認が一定時間ごとに行われるように、コンピュータの性能向上に伴ってマイニングの計算問題の難易度も上がっていきます
また、インフレを防ぐため、1回のマイニング報酬として渡されるビットコインの量も徐々に減らされていく仕組みになっています。

マイニングの方法

「一番に問題を解いてブロックを承認すれば、その報酬として仮想通貨を受け取ることができる」というのはとても魅力的ですよね。できることなら参加してその恩恵にあやかりたいものです。

そこで、次に個人でマイニングに参加する方法について簡単に紹介します。

1.自分のコンピュータでマイニングをする

仮想通貨ブームもあって、今やマイニングの方法は英語だけでなく日本語でもネットや本で知ることができます。

マイニングの方法をごく簡単に説明すると、

  • 必要な機器を揃える
  • マイニングを行うプログラムを走らせる・ソフトウェアをインストールして起動する
  • 電源を入れたまま放置

といった流れになります。

マイニングでは計算をいかに早く行うかが鍵となりますので、より高性能なマシンであるほど有利です。実際、有名な仮想通貨だと一般的な仮定用のPCではもはや太刀打ちできない状況になっています。

※ナンス候補を当てはめつつ総当たりで計算していくので、他のマイナーよりもコンピュータの計算能力が劣っていても運が良ければ速く当たりを引く可能性もあります。高性能なマシンであるほど、答えを速く引ける確率が高い、という話です。

一方で、仮想通貨の種類によっては普段使っているPCさえあればマイニングに参加できる場合もあります

2.マイニングを行っている組織・団体に出資する「クラウドマイニング」に参加する

自分のコンピュータでマイニングを行えば、マイニングに成功した場合大きなリターンを得ることができます。

一方で、マイニングの方法を学んだり、必要な機材を用意したり、電気代がかかったりと、マイニングを始めるまでに案外時間やお金がかかる場合もあります

さらにやっかいなのが、有名な仮想通貨ではマイニングを事業として行っている人々が大量のリソースを投入しているため、個人で行うマイニングが成功する可能性が低いということです。
たくさん投資したにも関わらず、リターンが少ないとなると、大赤字になるかもしれません。

しかし、そのような状況でもなおマイニングに参加してリターンを得る方法があります。
それが「クラウドマイニング」です。クラウドマイニングとは、マイニングを行う組織や団体にさまざまな人が投資をし、自分の代わりにマイニングを行ってもらう方法です。
そして、見返りにマイニング報酬の一部を受け取ります。
この方法であれば、専門知識も機器や電気代への投資も必要なく、手軽に始めることができます。

※ただし、仮想通貨ブームを背景に、クラウドマイニングを謳った詐欺や詐欺まがいの事業も横行しているため、注意は必要です。

マイニングの儲け方

マイニングで儲けるためには

  • 出ていくコストを抑えて
  • 受け取る報酬を大きくする(価値の高い仮想通貨を多く手に入れる)

ことが重要です。

マイニングのコストを抑える

マイニングで大きなコストになるのが電気代です。マイニングで行う計算はコンピュータを激しく働かせるため、かなりの電気を消費します。さらに、コンピュータ自身がかなり高温になってしまいます。そのままではコンピュータの性能が落ちたり、発火の危険性があったりするため、コンピュータを冷却する必要があるのです。

そこで、コストを抑えるために必要なのは

  • 電気代の安さ
  • 気温の低さ

です。

実際、大規模にマイニングを行っている事業者は、電気代が安い・PCの冷却ができるだけ不要になるような寒冷な土地にマイニング専用の場所を作っています。

マイニングの報酬を大きくする

また、多くの仮想通貨を手に入れるために、ハイスペックなコンピュータを用意してできるだけ早く計算問題を解くことで多くの仮想通貨を得ることも重要です。
また、今後値上がりが見込めて、かつマイニングの競合相手がそこまで強くない仮想通貨、つまり今はまだマイナーな通貨に狙いを定めてマイニングを行うのも良いでしょう。

マイニングのメリット・デメリット

次に、マイニングに参入するメリット・デメリットについて考えてみましょう。

メリット

マイニングのメリットとして、主に以下の2つが挙げられます。

1.コンピュータが勝手に仮想通貨を稼いできてくれる

一度マイニングのための環境を整えれば、放っておいてもコンピュータがせっせとマイニングを行い、仮想通貨を稼いできてくれます。

2.仮想通貨・ブロックチェーン技術の理解が深まる

マイニングに参加することによって、「社会を変えるかもしれない」と言われている仮想通貨やブロックチェーン技術を実際に体感することができます。

デメリット

反対に、デメリットは以下の3点です。

1.ある程度の知識が必要

マイニングを行うためには機器やコンピュータ上で動くソフトウェアやプログラムについて知っている必要があります。
ネットや本に情報が溢れているとはいえ、情報収集や学びにいくらかの時間をかける必要はあります。

2.電気代がかかる

マイニングはコンピュータを激しく稼働させ、しかもずっと可動させ続けるため、想像以上の電気代がかかります。
マイニングで仮想通貨を手に入れたものの、電気代の方が高かったなどという悲しい結果にならないように注意が必要です。

※コストとリターンのシミュレーションができるWebサイト(WHAT TO MINEというサイト)もありますので、一度こちらで確認しておくのもよいでしょう。

3.競争が激化し、規模が大きくなっていくため参入が難しい

今や仮想通貨のマイニング競争は激しいものとなり、規模も大きくなっています。そのため、特に有名な仮想通貨だと個人で太刀打ちするのが難しくなってきています。

マイニングにおすすめの仮想通貨

有名な仮想通貨は難易度・競合が強すぎてもはや個人では太刀打ちできません。マイニングについてネットで調べていると、広い土地にマイニング専用のコンピュータを所狭しと積み重ねてマイニングを行う様子を目にすることになるでしょう。

そのため、個人でマイニングに挑戦するのであれば、将来の値上がりが期待でき、まだそこまでメジャーではない仮想通貨がおすすめです。

また、一般的な家庭用PCでもマイニングが可能な仮想通貨(「GPU」という、PCゲームなどで使われるグラフィックボードが必要ないもの)を選ぶのもよいでしょう。

そこで、まず手始めに一般的なPCでもマイニング可能な国産仮想通貨のBitZeny(ビットゼニー)をマイニングしてみるのはいかがでしょうか。

また、一般的なPCでのマイニングに適した仮想通貨を探せるサイト(CPU COIN LIST)もあるので、こちらを参考にするのも良いかも知れません。

まとめ

以上、最近話題の仮想通貨を支える「マイニング」について、概要や方法などの簡単な解説でした。

マイニングは基本的には他のマイナーとの競争です。競合が増えるほどリターンは得にくくなります。そして、仮想通貨ブームの昨今、マイニングに参入している個人や事業者は多くいるため、個人がマイニングから大きな利益を得ることは難しくなっているのが実情です。

それでもチャンスはどこかに眠っているかもしれませんし、なにより社会に大きなインパクトを与えうるブロックチェーン技術を実体験することができるため、マイニングについて詳しくなっておくことは無駄ではありません

仮想通貨やブロックチェーンについて、これからも学んでいきましょう。

Leave a comment

メルマガ登録

仮想通貨の最新情報はこちらから