「MINE」(マイン)という仮想通貨をご存知でしょうか?

最近、人気Youtuberのラファエルが中国にあるMINEの大規模なマイニングファームを取材したことで話題を呼びましたね。

今非常に注目されているICO銘柄の一つです。

ではこの「MINE」という仮想通貨、どのような仮想通貨なのでしょうか?

今回はMINEとは何なのか?からメリットデメリット、そしてICOの参加方法まで徹底解説していきます。

 

ICO「MINE」とは?

<MINE 紹介動画>

 

MINE(マイン)は「法定通貨を一切介さない仮想通貨だけの経済圏」と作る事を目標とするICOプロジェクトです。

仮想通貨を普及させ、発展させていくには、いつでも仮想通貨で簡単に決済できる仕組みが不可欠です。

しかし、現在の仮想通貨はあくまで「投資対象」でしかなく、通貨としての役割をほとんど果たしていません。

そこでMINEは「マイニング経済圏」という仕組みを作る事によって、誰もが仮想通貨を使って気軽に決済できる世の中を実現しようとしています。

 

以下MINEホワイトペーパーからの抜粋です。

mine とマイニング経済圏こそが、私たちの目指す「仮想通貨が広く利用される世界を作る」というビジョンを実現させ、人々
をより豊かな生活へと導いていくものと確信する。

 

では、MINEの目指している「マイニング経済圏」とはどのような仕組みなのでしょうか?

マイニング経済圏とは

マイニング経済圏

MINE公式サイト

 

MINEの目指す、「仮想通貨が広く利用される世界」の実現には人々が仮想通貨を手軽に使う方法と、仮想通貨を持つための動機が必要です。

MINEでは[mine]という仮想通貨を発行し、普及させる事によってこれを実現させようとしています。

MINEの発行する通貨、[mine]はmineウォレットで管理され、専用のVISAデビットカードを使用して決済することができます。

そしてこのデビットカードを使用して決済を行うと、決済額の数パーセントがmineで還元されるような仕組みとなっています。

また、mineという通貨は持っておくだけでも自動的に毎日配当を受け取ることができます。

つまり、「使えば使うほど増える仮想通貨」をMINEは目指していると言えます。

マイニング経済圏を構成する要素

では、「使えば使うほどお金が増える仕組み」はどのようにして実現しているのでしょうか?

MINEでは以下4つをマイニング経済圏を構成する要素としてあげています。

1.マイニング工場

miningfarm

MINEは既に約2500㎡にも及ぶマイニング工場を所持しており、そこでは日々ETHがマイニングされています。

ICOで集めた資金のうち7割はマイニング工場のさらなる投資に使用され、より効率の良いマイニングができるようにしていく予定です。

また、mineを利用者への仮想通貨還元及び毎日の配当はこのマイニングによって得た利益から出しています。

2.mineウォレット

minewallet

mineに付随するウォレット機能で、mineの他にBTC、ETH、XMR、ADA、XRPに対応しています。

mineの還元を受け取るにはこのウォレットにmineを最低24時間保管しておく必要があります。

3.mineデビットカード

debitcard

mineウォレットで保管する仮想通貨で決済する事ができるデビットカードで、まだ発行はされていないものの、既に発行するための銀行ライセンスは取得済みです。

mineウォレットの開発が完了次第、mineデビットカードをすぐにでも発行することが可能との事です。

また、利用には利用者側に決済手数料がかかり、その手数料の一部がマイニング工場への再投資へと当てられます。

4.MoT

MoT

[Mine Of Things]の略で、モノにマイニングに関係するものを載せてしまおうという発想です。

マイニングによって仮想通貨が還元する仕組みをモノにまで拡張することによって、「車を使うとマイニング報酬が得られる」や「家に住むことによってマイニング報酬が得られる」事を実現していこうとしています。

詳細については明らかになっていませんが、まずはmineのハードウェアウォレット上にMoTの機能を載せると発表しています。

MINEのメリット

では、MINEの提唱する未来が実現した場合、どのようなメリットが得られるのでしょうか?

mineウォレットにmineを保管しておくことによって配当が得られる

mineウォレットにmineを24時間以上保管しておくことによって、マイニング収益のうちの一部を配当として毎日得ることが可能です。

mineに投資することによって、マイニングに参加しているのと同様の効果が得られると言っても良いでしょう。

日々の決済にmineデビッドカードを利用するとmineが還元される

mineデビッドカードを使用すると決済額の2%が仮想通貨mineで還元されます。

その為、MINEは仮想通貨を使えば使うほど増えていく経済圏を謳っています。

しかしデメリットの章にて後述する決済手数料の問題により、必ずしも資産が増えるとは言い切れません。

mineの価値が今後法定通貨よりも上がっていくのであれば大きなメリットになります。

BTC、ETHなどの通貨を普段の買い物に使用する事ができる

mineデビットカードでは、mineウォレットに入っている通貨であれば支払い通貨を自由に選択する事が可能です。

そのため、基本的に投資対象でしかなかったBTCやETHといった仮想通貨も実際にVISAデビットカードを経由して使用する事ができます。

実際にスムーズにデビットカードが発行されるのであればこれは大きなメリットになりますね。

VISA加盟店舗は全世界で3850万店舗存在するため、ほぼどこででも仮想通貨が決済に使用できるようになります。

MINEのデメリット

デビットカードの利用には決済手数料がかかる

mineデビットカードを利用して決済する場合、5%の決済手数料がかかります。

利用者は5%割高な状態で購入することになるわけですね。

このうちの2%はmineで還元されるものの、それを差し引いても現金で支払うより3%多く支払う必要が出てきます。

また、年会費も最低30ドルかかります。

払う金額が多くなるにも関わらず人々がmineウォレットを利用するかというとやや疑問が残ります。

継続的にマイニング収益が確保し続けられるか不明

現在MINEは大規模なマイニング工場を持っており、10%の利回りでETHを得ています。

そして得た報酬はmine保持者に還元されています。

しかし、いつまでもマイニングの利益が出る事は誰も保証できません。

例えば、ETHは将来的にPoWからPoSに移行する予定となっています。

MINEはETHがPoSへ移行したら別の仮想通貨をマイニングする予定と発表していますが、もし将来的にPoW通貨がほとんど消えるようなことになった場合はマイニング収益の確保が不可能になります。

PoWの問題のみならず、マイニングが継続できなくなる要因は多くあるかと思います。

すると利用者がmineを利用するメリットはなくなり、MINEの描く経済圏自体が破綻する可能性があります。

MINEの購入方法

ICO概要

MINEは現在トークンセール中で、公式サイトより参加する事によってmineを購入することが可能です。

以下トークンセールの概要となります。

トークンセール概要

MINEのICO登録方法

MINE Payment Manualより一部抜粋

MINE公式サイトにアクセスし、トップページより[トークンを購入する]をクリックします。

MINE購入方法1

メールアドレスを入力して[Resister]をクリックします。

MINE登録方法2

届いたメールアドレスに記載されているURLをクリックし、認証を実施します。

MINE登録方法3

表示されるフォームに[性別][名前][生年月日][電話番号][住所]を入力します。

MINE登録方法4

支払い通貨をETH、BTC、ADA、XRPより指定します。

MINE登録方法5

MINEの購入数量を入力します。

MINE登録方法6

Terms of serviceに目を通し、右下の[I agree with terms]にチェックを入れ、[Submit]をクリックします。

MINE登録方法7

最後に送金先アドレスが表示されるので、表示されたアドレスに指定した通貨を送金すれば登録は完了です。

MINE登録方法8

後日指定した数量のmineを受け取ることができます。

MINEの注意点

MINEは大規模に宣伝されており、既にマイニング工場が実在するなどの点で他のICOプロジェクトと比較すると透明性は高い方かと思いますが、投資に絶対はありません。

あくまで投資は余剰資金、自己責任で行いましょう。

昨今のICOは詐欺が非常に多く、MINEも詐欺でないとは言い切ることはできません。

詐欺でなかった場合も、取引所上場後にICO原価割れする可能性は十分考えられます。

しっかり事前に調査したうえで、自分自身が納得した上で投資をするかの判断をするようにしましょう。

まとめ

本記事ではMINEの特徴、メリットやデメリット、ICO参加方法についてまとめさせて頂きました。

問題点、懸念点はあるもののMINEの構想が現実となれば、世界は間違いなく一変します。

法定通貨がなくなり、仮想通貨だけで決済を行う、しかも放っておいてもお金が増えていく日が実現するかもしれません。

興味がある方はあくまで余剰資金の範囲内で、投資してみてはいかがでしょうか。

Leave a comment

メルマガ登録

仮想通貨の最新情報はこちらから