「国際送金システムの革命」

そう言われているのが、仮想通貨の「リップル」です。

2018年の夏は、リップルの大暴落が話題になりましたよね…

ですが、暴落後もすぐに安定し、投資家たちに明るい未来を見せてくれているのがリップルです!

この記事では、リップルについての詳しい解説と、実用化などの将来性について詳しく解説していきます!

リップルの特徴とは?

リップルは「リップル社」が手がける代表的な仮想通貨の一つです。

ただしリップルとは、本来リップル社が運営している仮想通貨システムのことをさします。

みなさんがリップルと呼んでいる仮想通貨は「XRP」と表されています。
まぁリップルと呼んだ方がわかりやすいですけどね…

リップル開発の目的は、「銀行のみだった国際送金システムの革命」というものです。
もちろん、リップルには送金システムの革命に名前負けしない特徴が揃っています!

リップルの特徴は以下の通りです。

  • 取引が超高速
  • 高いスケーラビリティ
  • 中央集権型の仮想通貨
  • マイニング不要

取引が超高速

リップルの送金は約4秒ほどで完了すると言われています。取引の圧倒的な速さが、国際送金システムの革命たる所以です!

実際に他の通貨では以下のような時間がかかります。

  • 銀行…3日~5日
  • ビットコイン…15分
  • イーサリーアム…2分

この時間を見ると、リップルの4秒がどれだけ優れているかがわかりますよね!
当たり前だった銀行取引の時間がひどく見えてしまいます…

取引が早いということは、それだけ使い勝手がいいということですよね!こちらもリップルの強みの一つです。

高いスケーラビリティ

リップルは送金システムの革命という目的で作られましたが、同時にビットコインの欠点を補う目的でも作られています。

ビットコインの欠点の中の一つに「スケーラビリティが低い」ことがありました。リップルはこれを解消しています。

例えば、リップルはスケーラビリティが高いために、利用者が増えてきても遅延を起こしたりすることはありません。
また、様々な問題に対処するシステムを追加していくことができるのです。

ビットコインでは、スケーラビリティが低いために、遅延の問題や、課題を解決するシステムの追加が難しかったんですね。

こういった点は、リップルの実用化に向けて大きな強みと言えるのではないでしょうか?

中央集権型の仮想通貨

リップルはビットコイとは違い、中央集権型の仮想通貨になっています。

リップル社という管理者の元に、仮想通貨の運営が行われています。

日本銀行という管理者の元に、日本円が運営されていると考えるとわかりやすいのではないでしょうか?

マイニング不要

リップルは、すでにリップル社によって全ての仮想通貨(1000億XRP)が発行されています。
なので、リップルを新しくマイニングする必要がないのです。
ちなみに、発行されたリップルのち、630億XRPはリップル社が保持しています。

こちらも、ビットコインのマイニングによる電力消費問題を解決しているのです。

リップルはマイニングが必要ないため、電力を大きく消費したりすることはありません。

 

ここまでがリップルの大きな特徴です。

リップルはGoogleの出資を受けていたり、日本の大手企業である三菱UFJや三井住友銀行がリップルの技術を取り入れているなどの実績があります。

大手企業の信頼が厚いということも、リップルの特徴ですね!

リップルの価格の変動は?

2018年夏にリップルの急な暴落がありました。

ですが、暴落後の価格はすぐに落ち着き、だんだんと回復することになっています。

実はリップルは以前になんども暴落することがあったのですが、その度にすぐ回復し上昇するという流れがあります。

つまり、ちょっと暴落しても、すぐに回復するのがリップルの価格変動の特徴なんですね。

今後も暴落することは予想されますが,その度に価格はどんどん上がっていくことが予想できます!

リップルの実用化について

取引の手数料が安く、時間も早いことから、非常に使い勝手が良いとされるリップル。
投資家たちの中では、実用化に最も有望な仮想通貨ではないかと言われています。

また、日本の大手金融企業SBIホールディングスでは、リップルに関連したスマートフォンアプリ「マネータップ」をリリースすることを発表しています。

「マネータップ」は、日本の銀行会社がリップル社の技術を使って、送金に特化したアプリです。
すでに実用化することが決まっています。

これらのことから、他の仮想通貨と比べても実用化の可能性が非常に高いことがわかりますね。

リップルの将来性はどうなる?

暴騰もあってリップルに怪訝な感想を抱く人も出ましたが、ネット上ではリップルに対して将来性を感じている利用者たちが多く見られます。

やはり大手企業などの信頼や、これまでの価格変動のことを考えると、リップルの将来性は有望なのではないでしょうか!

まとめ

いかがだったでしょうか?

リップルは、2018年最も勢いのある仮想通貨といっても過言ではないです。

今後も新しい動きがあることが予想されいてるので、皆さんもリップルの動向にはしっかりと目を向けておきましょうね!

Leave a comment

メルマガ登録

仮想通貨の最新情報はこちらから