近年人気の高まっている仮想通貨ですが、「儲かるって聞いたから買ってみたけど、実際に使う場面ってあるの?」と疑問に思うこともあるのではないでしょうか。

仮想通貨を使える場面の一つとして、「動画配信を行っている人への少額の投げ銭(チップやおひねりのようなもの)」があります。それが、ツイキャスにおける仮想通貨対応です。

本記事では、ツイキャスで仮想通貨をどのように使うことができるのか、対応するコインはなにかといったことを解説します。

ツイキャス仮想通貨対応とは?

ツイキャスとは、簡単に言うと「ネット上での動画配信サービス」です。ツイキャスを使うことで、誰でも手軽に動画の視聴や配信ができます。登録ユーザーが世界中に2000万人以上いる、巨大な配信プラットフォームです。

そんなツイキャスが仮想通貨への対応を2018年4月25日から開始しました。すべてのユーザーは、仮想通貨を受け取ったり、送ったりするための「ウォレット機能」を与えられます。そうすることで、ツイキャス上で仮想通貨を保有し、使用することができます。

ツイキャス仮想通貨対応でできることは?

ツイキャスでの仮想通貨対応によって、主に3つのことができるようになります。

ライブ配信者への仮想通貨の送金

ツイキャスではもともとライブ配信者へ「専用アイテム」を送信することができますが、そのアイテムに仮想通貨を添えて送ることができます。手数料はかかりません。

ツイキャス内で利用できるポイントの購入

アイテムの購入などに利用できる「ポイント」を仮想通貨で購入することができます

ツイキャス上での仮想通貨の保有

ツイキャス上で仮想通貨のウォレットが利用できます。自分専用のアドレスが発行され、ツイキャス上の自分のウォレットへ仮想通貨を入金して保有することができます。もちろん、ウォレットで保有している仮想通貨はツイキャス以外のウォレットや他人のウォレットへ出金(送金)することも可能です。

受け取った仮想通貨をどこかの取引所に送金して日本円に換金することができるため、ツイキャスで稼ぐことも可能ということですね。

送金手順

今回のツイキャスの仮想通貨対応の目玉はライブ配信者に仮想通貨を送金できることだと考えられます。視聴者側としてはお気に入りの配信者に現実世界でも価値の大きい仮想通貨を送ることで一層の応援や活動の下支えができます。ライブ配信者側としては、日本円に換金可能な仮想通貨を稼ぐことが可能になります

コンテンツ業界にとって、このような少額での「投げ銭」が低手数料で気軽に行えるようになる意義は大変大きいです。

そこで、以下では送金の具体的な手順について説明します。今回はPCをサイトからの方法についてです。

1. 仮想通貨をツイキャス上のウォレットへ入金

1.1. ツイキャスへのログイン後、画面右上の自分の「アカウントID」にマウスカーソルを乗せて出てくる「アカウントメニュー」をクリック

1.2. 「視聴/配信」の下の方にある「ウォレット」部分の「仮想通貨とウォレット」をクリック

1.3. 入金したい仮想通貨の右側にある「管理」をクリック

1.4. 「入金」部分に表示されるアドレス(QRコードまたは文字の列)へ別のウォレットから仮想通貨を送金する

1.5. 一定の時間が経ち、入金が承認され次第反映される

2. アイテムに仮想通貨を付与

2.1. 仮想通貨の入金時に利用した「仮想通貨とウォレット」画面の「アイテムに設定」部分で「利用しない」をクリックして「利用する」に変更する

2.2. アイテムに送金したい金額を設定する

3. 配信で送信

3.1. ライブ視聴画面で画面下の「アイテム」ボタンから、仮想通貨を付与したアイテムを選択して送信する

対応コインは?

現時点でツイキャスは
・モナコイン(MONA)
・ビットコイン(BTC)
の2種類の仮想通貨に対応しています。

日本発の仮想通貨であるモナコインは、もともとツイッター上やコミュニティ内で少額を送り合うチップのような「投げ銭」文化が発達していました。また、オタク文化やネット界隈等との親和性も高い仮想通貨です。そのため、ツイキャスとの親和性も高いのではないかと考えられます。

ビットコインについてはいわずもがな、一番有名で世界中に広がっている仮想通貨ですね。

実用面、ユーザーへの普及を考えるとかなり良い銘柄を選んだと言えるのではないでしょうか。

注意点

ツイキャスでの仮想通貨利用については、以下のような点に注意する必要があります。

年齢制限

仮想通貨機能はツイキャス内に他にも用意されている「収益機能」のうちの一つですが、この収益機能は18歳以上のユーザーが利用可能とされています。

最低入金金額

ツイキャスへの入金は0.01MONA0.001BTC以上から可能です。

入金・出金の際のアドレスに注意

ツイキャスへの入金時・ツイキャスから他のウォレットへの送金時は送金先アドレスや仮想通貨の種類を絶対に間違えてはいけません。アドレスにミスがあった場合、意図した送金先とは別の宛先に送金されてしまうなどして送った仮想通貨を取り戻せなくなる可能性があります。

入金の反映に少し時間がかかる

仮想通貨の仕組み上、「入金したらすぐにウォレットに反映される」とはいきません。それでも入金履歴には「承認中」などの表示が出るため、入金ミスをしていないかどうかを確認することはできます。

まとめ

全世界に2000万人以上もの登録ユーザーがいるツイキャスで仮想通貨が利用できるようになったことは、仮想通貨の大きな利点として期待されている「コンテンツへの少額支払い」の大きな第一歩になるかもしれませんね。

今後、ますますさまざまな場所で仮想通貨が利用できるようになれば便利で面白い世の中になっていくでしょう。楽しみですね!

——

【参考】

ツイキャス

仮想通貨とウォレットについて

ツイキャス・収益化

ツイキャスがモナーコイン・ビットコインに対応、仮想通貨流通システムを導入|プレスリリース(2018.04.25)

ツイキャスがモナーコインに続き「ビットコイン」に対応! 「ウォレット」に保有したり、ポイントのビットコイン決済などが可能に|プレスリリース(2018.06.13)

Leave a comment

メルマガ登録

仮想通貨の最新情報はこちらから