新しくサービスを開始した仮想通貨取引所の「FCoin」。
独自トークンである「FT(FCoin Token)」を持っていると「配当」を受け取れるということもあり、話題になっています。

本記事では、そんなFCoinの概要やメリット・デメリット、登録方法について紹介します。

FCoinとは?

FCoinは2018年5月21日にβ版のサービスが開始された仮想通貨の取引所です。
大手取引所「Huobi」の元CTO、Zhang Jian氏が立ち上げました。

FCcoinがメインで取り扱う仮想通貨やトークンは、現時点で以下の13種類です。

  • FT、BTC、ETH、BCH、LTC、ETC、XRP、FI、ZIP、OMG、BTM、ZRX、BNB

通貨によって異なりますが、USDT、BTC、ETHのどれかと取引が可能です。
※日本円を含む法定通貨とのやり取りはできません。

また、独自トークン「FT(FCoin Token)」を用いた仕組みが特徴的で、FCoin人気に火をつけています。
※次の「Fcoinメリット」で詳しく紹介します。

FCoinメリット

FCoinのメリットは以下の2点です。

手数料

FCoinにおける取引手数料は0.1%とされていますが、なんとその100%がFTで還元されます
実質的には手数料無料で取引できるようなものですね。

※手数料の還元はFTの総発行枚数が発行上限の51%に達すると終了します。

配当

FCoinでは、FTを持っている者に取引所の収益の80%が分配されます
まるで株式市場における配当金のようですね。
ちなみに、残りの20%はFCoinの発展・管理に充てられます。

FCoinデメリット

手数料・配当の面で素敵なメリットがあるFCoinですが、デメリットもあります。

日本語がない

海外の仮想通貨取引所ということもあり、日本語対応はありません。
ホームページは中国語(簡体字)、英語で書かれています。

そのため、外国語が苦手な人には少しハードルが高いかもしれません。
Google翻訳などの翻訳サービスや日本語の解説記事などを使いながら、チャレンジしてみましょう。

新設取引所のため、評価がまだ分からない

2018年5月21日にβ版のサービスを開始したばかりのため、サービスの評価がまだまだ分かりません

そのため、サービス開始して間もない今、いち早く利用するのは先行者としての優位性を得やすいですが、一方でリスクもあります。

この先、さまざまな人がある程度利用したころに評価が定まってくるでしょう。

取り扱い通貨が少ない

FCcoinがメインで取り扱う仮想通貨やトークンは、現時点では13種類です。
ビットコインやイーサリアム、リップルといった主要所は押さえているものの、何十種類もの仮想通貨・トークンを取り扱うような取引所と比較すると取扱通貨は少なめです。
これからの充実に期待しましょう。

FCoin登録方法

FCoinへの登録については、英語ばかりで面食らうかもしれません。

しかし、具体的にやることは一般的な取引所への登録と同じです。
以下でFCoinへの登録方法について紹介します。

1.ホームページ右上の「Sign up」をクリック

2.Username(ユーザー名)、Email(メールアドレス)、Password(パスワード)、Confirm(パスワードを再度)を入力する
※パスワードは「8~32文字」「半角英数字」「小文字、大文字、数字、『~!@#$%^&*()_+』の記号からそれぞれ1つ以上の使用」という条件があります。

3.「User Agreement」と「Privacy Policy」を確認して問題なければ「
I agree to the User Agreement and Privacy Policy」にチェックを入れる

4.「I’m not a robot」にチェックを入れる

5.「Sign Up」をクリックする

6.入力したメールアドレスに確認メール「」が来るので、メール内の「Verify Email Address」のボタンをクリックする

これで登録完了です。

FCoin二段階認証

外部からのハッキングを難しくするのが「二段階認証」です。

これは、ログイン時、IDとパスワードの入力に加え、スマホの専用アプリやメールなどに表示される数字の入力を行う認証方法です。
使われる数字は1回きりの数字で、一定時間で変更されるため、情報流出や総当たり方法によって外部に知られる危険性が低いのが特徴です。

FCoinでも二段階認証は取り入れられています。
以下で、二段階認証を有効にするための流れを確認していきましょう。

1.FCoinホームページの右上にある「Sign in」からログインします。

2.取引画面の右上の「人型アイコン+自分のユーザーネーム」の部分をクリックします。

3.現れたメニューの中の「Setting」をクリックします。

4.「Security Setting」の部分にある「Google Authentication」の「Enable」をクリックします。

5.「Google 認証システム」アプリをスマホにダウンロードしていない場合は「Google Play」または「App Store」からダウンロードする

6.表示されているQRコードをスマホの「Google 認証システム」で読み取る

7.「「Google 認証システム」に「exchange.fcoin.com」が追加されるので、表示されている6桁の数字を制限時間内に「Ga Verification Code」欄に、入力する

8.「Authentication」をクリックする

これで二段階認証が完了しました。

まとめ

新しい仮想通貨取引所のFCoinについて、

  • どのような取引所なのか
  • メリットとデメリットは何なのか
  • 登録はどうするのか

といったことを説明しました。

FTを持っていれば配当を受け取れる点が大変魅力的ですよね。
一度利用してみてはいかがでしょうか。

——

【参考】

FCoin

The Illustration of Trading Fees and Order Rules – FCoin

Additional Comments Regarding FCoin’s “Trans-Fee Mining” Mechanism – FCoin

FCoin Token – FCoin

PR: Former Huobi CTO Zhang Jian Launches FCoin, Gaining Investments from Top Venture Capital Firms

Leave a comment

メルマガ登録

仮想通貨の最新情報はこちらから