ここ最近、仮想通貨について耳にする機会が増えてきました。なんだか興味が湧いてきますよね。

しかし、仮想通貨に対して

  • 「何に使えるのか分からない……。」
  • 「お高いんでしょう……?」
  • 「危険なのではないか……?」
  • 「難しそう……。」

といったイメージを持ち、二の足を踏んでいる方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では仮想通貨の初心者にありがちな疑問や勘違いを紹介し、その答えについて解説します。

いざ、初心者から一歩を踏み出しましょう!

ビットコインで何ができる?

答え:個人間の送金や店舗・ネット上での支払いに利用できます。

ビットコインは値動きが激しく、わずか数年で1BTC(ビットコインを数える単位。1ビットコイン。)あたり数円程度から数十万円・百万円ほどにまで高騰しています。値動きの激しさから、ビットコインは投資対象として見られることも多いです。

しかし、実際にはビットコインは世界中の金銭・価値のやり取りの仕組みを変えてしまうかもしれない、画期的かつ実用的なテクノロジーなのです。

ビットコインはインターネット上での自由なやり取りが可能です。世界中の誰もが利用可能で、しかもEメールのような手軽さで送金できます

インターネット経由でやり取りし、銀行等の仲介も不要です。そのため、国内同士だろうと海外間だろうと、問題なくやり取りが可能なのです

これまでは「手数料が高い」「時間がかかる」といった不便さがあった国際送金ですが、ビットコインなら高速で、手数料も格安で海外に送金できます

また、大手家電量販店の「ビックカメラ」でビットコイン支払いがスタートするなど、日本でも利用できる場面が増加中です。

(参考:ビックカメラ全店でbitcoin使えます! | ビックカメラ

ビットコインが利用可能な場所を教えてくれるサービスもありますので、一度のぞいてみてはいかがでしょうか。

>> coinmap

ビットコインって高い?

答え:ビットコインは1円分から購入できます。

ビットコインの価格を見ていると 1BTC = 1,000,000円 などと表示されており、

「100万円用意しないとビットコインって購入できないのかな……。ビットコインって、高い!」

と感じてしまいます。

しかし、ビットコインは1BTC単位での売買や送金が必要なわけではありません。0.0001BTCといった小数点以下の数量のビットコインもやり取りが可能です。

そのため、日本円換算で1円分からビットコインを購入することができます

なお、ビットコインが「割高か、割安か」という点については、株式等と異なり明確な評価基準が無いため、断言できません。

仮想通貨=ビットコインでしょ?

答え:ビットコイン以外にも、1000以上もの仮想通貨が存在するとされています。

ビットコインは2009年1月からスタートした仮想通貨であり、先駆者的存在です。最も普及し、利用されている仮想通貨だといえます。

そのため、「仮想通貨=ビットコイン」だと思っている人もいるでしょう。

しかし、ビットコイン以外の仮想通貨は大量に存在します。

そもそも、仮想通貨とは以下の特徴を持つデータ上の通貨のことを指します。

  • 「価値」を持ち、インターネットを通じて自由にやり取りができる
  • 国や政府、中央銀行といった管理者・発行者が存在しない
  • 取引所で円やドルなどの法定通貨と交換可能

(参考:仮想通貨とは|bitFlyer

2018年8月6日時点では、実に1736種類もの仮想通貨があるとさえいわれているのです。

(参考:CoinMarketCap

仮想通貨って危険?

答え:仮想通貨自体は改ざんや盗難がほぼ不可能な仕組みで動いています。

「仮想通貨の流出・消失」といったニュースがときおり世間を賑わせますよね。こういったニュースのせいで仮想通貨に対する不信感が増していることでしょう。

しかし、これらの盗難事件は売買の仲介サービスを提供する「取引所」に問題があり、ビットコインそのものに問題があったわけではないケースがほとんどです。

日本円に例えて言えば、銀行から預金が盗まれたようなものです。その場合、銀行のセキュリティを問題にすることはあっても、盗難事件をきっかけとして「日本円って本当に大丈夫か心配だよね」と言う人はあまりいないでしょう。

ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨には、

  • 特定の発行者・管理者がいない

という特徴があります。

特定の管理者がいない点や、インターネット上でやり取りが行われる点から「本当に大丈夫なのだろうか……。」と不安視されることもあります。

しかし、ビットコイン等の仮想通貨は取引記録や残高の改ざんやビットコインの盗難がほぼ不可能な仕組みで動いているため、基本的には安全です。

もちろん、利用する取引所のセキュリティの確認や、IDやパスワードなどの仮想通貨関連の情報の厳重な管理は自己の責任で行う必要があります

なお、「投資対象として購入したら大損するか?」という意味での危険さについてはなんとも言えません。

金額の変動が大きく、マイナーな仮想通貨は無価値になってしまう場合もあるため、リスクが大きいケースが多いのは確かです。逆に、仮想通貨で一発当てて大儲けする人もいます。

仮想通貨って難しい?

答え:購入したり利用したりするのは簡単です。技術面からの仕組みの理解は少し難しいかもしれません。

仮想通貨はデータ上の存在で目に見えない、そしてテクノロジーを駆使したもののため「難しそう」と感じる人も多いでしょう。

確かに、仮想通貨の仕組みや技術的背景について理解するのは、専門的な知識やある程度の学習が必要であり、簡単ではありません。

しかし、仮想通貨を購入したり利用したりするのは簡単です。

日本円だって、手に入れたり利用したりすること自体は難しくないですよね。一方で、硬貨や紙幣の作成方法や日本円が機能している仕組みを理解するのは大変です。要は慣れです。

仮想通貨は専門の「取引所」で手軽に購入できます。利用も、Eメールのように相手のアドレスに送信したり、QRコードを読み取って送金したりするだけです。

まだ「億り人」になれる?

答え:可能性はありますが、リスクも大きいです。

仮想通貨に興味を持った理由が、「億り人の話を聞いて羨ましくなったから」という方も多いのではないでしょうか。

※ここで言う「億り人」とは、仮想通貨取引で1億円以上の資産を築いた人たちのことを指します。

少ない資金から1億円以上の資産を作り出すなんて、夢がありますよね。羨ましいです。

自分も億り人になりたい!」と思うわけですが、果たして今からでも億り人になれるのでしょうか。

その答えは、「億り人になれる可能性はある。しかし、リスクも大きい。」です。

仮想通貨と仮想通貨を支える「ブロックチェーン」技術は、これからの世の中を変えていくかもしれないテクノロジーとして期待されています。将来への期待感や実用面での需要といった点から、仮想通貨の価格が上昇していく可能性はあります

また、新しい仮想通貨が日夜考えられ、生み出されています。そのため、将来性のある仮想通貨が誕生してすぐの安いタイミングで購入し、将来大きく値上がりした際に売却できれば、大きな利益を手にすることができます

しかし一方で、仮想通貨は将来必ず値上がりするわけではありません。当然、値下がりすることもあります。さらに、ある日突然無価値になってしまうこともあるのです。

仮想通貨の将来性と、新しい仮想通貨が生まれている状況から、億り人のチャンスはまだあるのでしょう。しかし、それは大きなリスクと隣り合わせ、ということも忘れてはいけません。

投資はあくまで自己責任です。しっかりと情報収集をした上で投資を行いましょう。

まとめ

仮想通貨の初心者にありがちな疑問や勘違いとその答えを解説しました。

仮想通貨は投資対象としても、未来をつくるテクノロジーとしても、知れば知るほど面白いものです。

初心者から一歩を踏み出した今、仮想通貨についてさらに深く学んでいきましょう。

Leave a comment

メルマガ登録

仮想通貨の最新情報はこちらから