「仮想通貨ってどんな仕組みで利用されているんだろう?」

そんな疑問を持ちつつも、実際にどんなシステムで仮想通貨が運用されているのかを知らない人が多いですよね。

この記事では、仮想通貨を運用するためのシステム「ブロックチェーン」について、その仕組みや種類、利用のメリット・デメリットを詳しくご紹介します!

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは、日本の言葉で表すと「分散型台帳」と呼ばれています。
つまり、これまでの銀行のように、一つの場所で台帳を管理するのではなく、複数の場所で台帳を管理するとこができる仕組みになります。

ブロックチェーンは、「サトシ・ナカモト」と名乗る正体不明の人物が発表した論文をベースに開発されました。
サトシ・ナカモトは2008年に「仮想通貨ビットコイン」の論文を発表し、仮想通貨の運用に使われる一つのシステムとして、ブロックチェーンの仕組みを生み出しました。

やがて、ブロックチェーンは世界中の技術者の力で実用化され、現在は仮想通貨だけでなく、様々なテクノロジーにおいてブロックチェーンが利用されています。

ブロックチェーンの4つの仕組み

ブロックチェーンは複雑な仕組みをもつシステムですが、主に4つの特徴的な要素で成り立っています。

分散台帳

ブロックチェーンは、一つのコンピュータにデータを保存するのではなく、接続されている全てのコンピュータにデータを共有することができます。

そのため、どれか一つのコンピュータが何らかの影響で失われても、他の全てのコンピュータが同じ情報を共有しているため、補完することができます。

コンセンサス(合意)

ブロックチェーンでは、複数のコンピュータが情報を共有しているため、外部から入ってきた情報に対して複数のコンピュータが判断をすることができます。

そのため外部情報に対して、対処の正確性を上げることができます。

スマートコントラクト(契約)

ブロックチェーンでは、情報が全てネットワーク上にあるため、あらゆる取引がデジタルでスマートに行うことができます。

情報を共有しているがゆえに、第3者の仲介を行う必要がなく、正確性・信頼性の高い取引を迅速に行うことができるのです。

プライバシー(機密保持)

ブロックチェーンは本来誰でも参加できるものですが、部外者の侵入を防ぐこともできます。
ビジネスで使用する場合には、許可型のブロックチェーン(プライベートチェーン)を利用することによって、外部からの干渉を防ぐようなネットワークの構築が可能になっています。

また、基本的にブロックチェーンにおけるやりとりは全て暗号化されいているため、機密保持の面でも非常にセキュリティが高いのです。

ブロックチェーンの3つの種類

ブロックチェーンと一言で言っても、3つの種類があるのです。
どのブロックチェーンにもメリット・デメリットがあり、目的により使い分けが必要になっています。

パブリックチェーン

パブリックチェーンは、最初に作られた一般的なブロックチェーンだと思ってください。
パブリックチェーンの特徴は以下の3つです。

  1. 管理人不在の非中央集権型
  2. 誰でも参加可能
  3. 誰でもブロックチェーンを作ったり、つなげたりすることができる。

パブリックチェーンは非中央集権型であるために、改ざんが非常に難しくなっています。
代表通貨は以下の通りです。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ネム
  • ライトコイン

プライベートチェーン

プライベートチェーンは、パブリックチェーンと対局にあるブロックチェーンです。

そんなプライベートチェーンの特徴は以下の3つです。

  1. 管理者がいる中央集権型
  2. 管理者に認められたもののみが参加することができる
  3. マイニング報酬は発生しない

このように、一つの管理者の元に成り立っているブロックチェーンであるため、管理が簡単であったり、決済のスピードが早いなどのメリットがあります。

代表的な仮想通貨以下の通りです。

  • リップル
  • アリス
  • キートークン

コンソーシアムチェーン

コンソーシアムチェーンは、管理者が複数存在する上記2つの中間的なブロックチェーンになります。

コンソーシアムチェーンの特徴は以下の通りです。

  1. 管理者が複数人いる
  2. 管理者に認められたもののみが参加できる
  3. マイニング報酬は発生しない

代表的な仮想通貨は以下の通りです。

  • ハイパーレッジャー
  • ビッグチェーンDB

ブロックチェーンのメリット

ブロックチェーンの一番の大きなメリットは、「取引のスマートさ」です。

これまでの取引では、書類を使ったり現地で実際に印鑑を押したりすることで、取引を行なっていました。
しかし、ブロックチェーンの「スマートコントラクト」や、「分散型台帳」という特徴を利用するとこで、あらゆる取引を円滑に行うことができるようになります。

仲介業者や、市役所などを利用しなくとも、あらゆる取引・手続きが可能になるのは、私たちの生活に直接にメリットを及ぼすのではないでしょうか?

ブロックチェーンのデメリット

ブロックチェーンの一番のデメリットは、「依存」です。

これからの社会はブロックチェーンの上に成り立っていくことが予想されます。
しかし、そのブロックチェーンシステムの穴を突くことができれば、世界の基盤は瞬く間に崩壊してしまいます。

このことは専門家の中でも懸念されています。現に、世界のコンピュータの過半数をコントロールすることができれば、ブロックチェーンの仕組みを理論上打ち崩せるという見解が出されているのです。
このことを「51%攻撃」と呼びます。

まとめ

ブロックチェーンはこれからの社会の基盤となっていくであろう素晴らしいシステムですが、まだまだ課題も減りません。

しかし、世界中の技術者たちは、ブロックチェーンの課題解決のために最も力を入れています!

近い将来、あらゆるものにブロックチェーンが使われ、スマートな暮らしが訪れるのは間違いないでしょう。
それまでに、ブロックチェーンがどんなものであるのかはしっかりとおさえておきましょうね!

Leave a comment

メルマガ登録

仮想通貨の最新情報はこちらから