「海外の取引所にも興味が沸いてきた」

仮想通貨の取引を始めてしばらく経つと、こんな風に考える人も少なくありません。海外の取引所は取り扱っている仮想通貨の種類が、国内の取引所と比べてかなり多く、その分だけ楽しみがあります。
この記事では、海外取引所の中でも最近イチオシの「Bit-Z」について、その特徴や登録方法などを解説していきます。

「Bit-Z」とは?

世界一の取引量を誇る中華系の取引所・Binance(バイナンス)の名前を聞いたことのある方は多いかと思います。最近そのBinanceの地位に迫るほどに急成長している、同じ中華系の取引所があります。それがBit-Z(ビットジー)です。

Bit-Zトップページ

https://www.bit-z.com/

CoinMarketCapのデータによれば、Bit-Zの取引量は記事執筆時点で第10位です。設立日は2016年でBit-Zのほうが早いのですが(Binanceは2017年)、遅ればせながら世界トップレベルに追いついてきた、という感じですね。
アドレスはサイトには詳しく記載されていませんが、香港、北京、シンガポールの3都市が本拠地となっています。

取り扱っている仮想通貨の種類は以下のとおりです。※2018/07/05現在

DKKT建て:5種類
ETH建て:67種類
BTC建て:98種類
USDT建て:2種類

BTC(ビットコイン)とETH(イーサリアム)はおなじみですが、DKKTUSDT、2つの見慣れない通貨があります。
DKKTとは「The DKK Token」の略です。そしてDKKとはデンマークの通貨、デンマーク・クローネのことです。DKKTはDKKの市場価値に基づいた仮想通貨で、DKKTとDKKのレートは常に1:1となっています。乱高下が激しい仮想通貨市場ですが、現実の法定通貨に基づいた価値の仮想通貨を導入することで、安定性を図ろうということなのです。
USDTもDKKTと同じで、こちらはUSドルに基づいています。1USDが1USDTになるので、USドルに普段慣れている方にはわかりやすいと思います。
日本円で直接購入することはできないので、最初はBTCかETHを入金することになるでしょう。

 

「Bit-Z」のメリット

手数料がわかりやすい

Bit-Zではすべての通貨が、購入手数料、売却手数料ともに一律で0.1%となっています。他の海外取引所と比べても標準的で、かつわかりやすいかと思います。

OTC(相対取引)に対応

通常、仮想通貨の売買は取引所を介して行いますが、Bit-Zは「OTC(相対取引)」を導入しています。
OTCとは取引所を介さない、ユーザー同士の取引のことです。手数料がかからないのが最大のメリットで、また市場価格に影響を与えずに取引できると言われています。ただしすべての通貨がOTCに対応しているわけではありません。

スマホアプリに対応

Bit-Zはスマホアプリに対応しているので、外出先でも気軽に取引ができます。デザインもわかりやすく、操作しやすいです。

【iOS】
https://itunes.apple.com/jp/app/bit-z/id1356490098?mt=8
【Android】
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.xinlian.bitz

 

「Bit-Z」のデメリット

日本語には非対応

BinanceはGoogle翻訳された各国の言語をプルダウンで選択でき、機械翻訳とはいえ日本語で利用できるメリットがあります。
しかしBit-Zが対応している言語は、英語と中国語(簡体字、繁体字)のみです。どうしても日本語じゃないとダメという人では、トラブルがあっても満足なサポートを受けられませんし、利用するのは厳しいでしょう。今後、Binanceのような翻訳機能を導入してくれるかは、残念ながらわかりません。

レバレッジ取引はなし

現物取引と比べて大きく利益を出せる可能性のあるレバレッジ取引は、Bit-Zでは対応していません。

運営団体はやや不透明?

Bit-ZはTwitter、Facebook、InstagramといったSNSのアカウントはあるのですが、日本の取引所のように住所や電話番号は不明です。運営団体に透明性を求める方は、利用は控えたほうがよさそうです。

 

「Bit-Z」登録方法

Bit-Zにアカウントを登録するには、トップページ右上のメニュー[Sign Up]から進みます。メールアドレスとパスワードを入力し、利用規約の同意にチェックを入れたら、[Submit]ボタンをクリックします。

アカウント登録
登録したアドレスにメールが送られてきますので、リンクをクリックします。するともう一度メールが送られてきます。確認のための6桁のコードが記載されていますので、時間内に入力して認証しましょう。これでログインができるようになります。

Bit-Zではアカウントレベルが4つに分類されています。

レベル0:閲覧のみ可能
レベル1:入金と取引が可能
レベル2:「2BTCまで / 日」の出金が可能
レベル3:「10BTCまで / 日」の出金、OTC取引が可能

最初はレベル0ですので、右上のメニューから[Account]→[Verification]と進み、指示に従って必要事項を入力します。出金可能になるレベル2までは上げておくとよいでしょう。

 

「Bit-Z」二段階認証

安心して取引をするには二段階認証が必須です。右上のメニューから[Account]→[2FA Code]へと進みましょう。
Bit-ZではGoogle認証システムを使用しますので、認証のためのアプリでQRコードをスキャンしましょう。アプリを使ったことがない人は、iOS、Androidのストアからインストールしておいてください。

【iOS】
https://itunes.apple.com/jp/app/id388497605
【Android】
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.authenticator2

 

まず、QRコードの下に表示されている16桁のキーを、書き留めるか印刷などして保存しておきましょう。万が一スマートフォンを紛失等した場合でも、このキーがあればアカウントに復帰することができます。

二段階認証

準備ができたら[Get Verification Code]をクリックします。登録してあるメールアドレスに確認コードが送られてきますので、その確認コードとログインパスワード、そしてQRコードをスキャンすると表示される2FAコード、この3つを入力します。
あとは[Enable 2FA]をクリックすれば、二段階認証は完了します。二段階認証はあとで無効にすることもできますが、安全のためには常に有効にしておくことをおすすめします

 

まとめ

取り扱っている通貨の種類ではBinanceには及ばないとはいえ、それでも十分に多く、Binanceでは取り扱っていない種類もあります。サイトデザインがシンプルで使い心地も問題ありませんし、これから価値が出そうな仮想通貨を探すには、最適な取引所といえそうです!

Leave a comment

メルマガ登録

仮想通貨の最新情報はこちらから