先週のハイライト(10月29日〜11月4日)

仮想通貨取引では、短時間で出来るだけ多くの情報に
目を通すことが重要になります。

・全く知らないコインが上昇する

・知識のあるコインが上昇する

・所持しているコインが上昇する

同じコインが上昇するでも、自分の知識量、行動量
によって情報感度が大きく変わります。

というわけで先週どんなことがあったのか、
振り返っていきましょう。

 

1.ビットコイン大幅上昇

先週1週間で1BTCの価格が20万強、上昇しました。

レバレッジ取引でショートのポジションを取っていた人は、
軒並み焼かれました。

かくゆう私もショートポジションを取っており、
ロスカットを食らっています。

segwit2問題が解決しておらず、今後の先行きが見えない中での暴騰。

今週もビットコインから目が離せません。
(※11月16日分裂予定)

 

2.アルトコイン全体の下落

図は仮想通貨全体の市場における、ビットコインの比率をグラフにしています。

オレンジ色のグラフがビットコインです。
見ての通り、アルトコイン(オレンジ色以外)が今年は順調に
伸び続けていましたが、7月以降この比率は逆転傾向にあります。

ツイッターなどを見ていても、アルトコインの下落の退避先が
ビットコインになっているのを感じます。

ただこのままビットコイン1強になるかというと、
私はそう思いません。

コインの構造に欠陥があるわけでなく、
トレンドとして下げ相場に入っているだけの場合、
復活すると見て良いと思います。

ビットコインマイナー大手のJihan Wu氏も、
ビットコインキャッシュについて言及しており、
今後の基軸通貨が変わる可能性も十分考えられます。

利益を最大化させていくなら、ビットコインのドミナンスが
最大になるポイントでアルトコインを買い直すのが最適ですね。

言葉で言うのは簡単ですが、全く予想もつきません。

ただ、今年のデータを見る限り、1ビットコインが90万〜100万に
達する頃、1度ビットコインの調整が入り、アルトコインに
資金が集まるのではないか、と予測しています。

トレンドが変わる前に、私も仕込みを行っていこうと思います。

 

3.先週利益が取れた銘柄

①ビットコインキャッシュ

ビットコインが不安定な状況の中、注目されていたのが
ビットコインキャッシュ。

長らく低迷してましたが、Jihan氏の発言などが影響すると見て購入。
3回に分けて22枚ほど仕込みました。

現段階で40万ほど利益が出ていますが、まだ利確はしません。

segwit問題が片付いた後、ビットコインキャッシュが徐々に
価格を上げて行くと見ています。

②aidos kuneen

こちらはおおよそ20%アップしました。

購入理由は自社の取引所のみで、時価総額ランキング30位以内に
入っており、かつ新規取引所への上場をオーナーが名言しています。

おおよそ1〜2週間で上場するとのことなので、
上場するまではホールド。

ただ今日現在、1日以上メンテナンス状態に入っており、
相変わらず取引所は不安定です。

 

4.今週注視する銘柄

①ザイフトークン

こちらはコムサ関連銘柄のザイフトークン。

0.4での価格推移が先週続いたものの、
11月5日突如急騰。

先週の底値で仕込んでいた人は、最大2倍の利益をつけました。

今は価格が落ち着いているもの、コムサ関連のプレスリリースが
あるたびに価格上昇が予想出来ると思い、
約100万ザイフトークン購入。値動きが激しいので、
長期でのホールドは考えていないので、良い値がつけば利確。

 

②Verge(XVG)

取引所、bittrexでも人気の銘柄。

コミュニティが強く、先週のアルトコイン暴落の
影響もあまり受けず、底固い印象。

今は少し高値と感じるので、底値と感じたら購入検討。

 

5.先週1行ニュース

・ゴールドマンサックス会長兼CEO、ビットコイン否定せず
・ビットコインキャッシュ、時価総額でリップルを抜く
・11月6日コムサ、トークンセール終了
・Binanceにリップル上場
・Amazonがイーサリアムを含む3つのドメインを取得
・テックビューロ社、新生銀行とオウケイウェイブ社より8750万調達

以上、先週のハイライトでした。

Leave a comment

メルマガ登録

仮想通貨の最新情報はこちらから